• Français |
  • English |
  • Español |
  • Deutsch |
  • Italiano |
  • Português |
  • Russian |
  • Japanese |
  • chinese

当城について

フランスの歴史に“貴婦人たちの城”として残る当城は、カトリーヌ・ブリソネにより1513年に建設されたのち、ディアーヌ・ド・ポワティエ、そしてカトリーヌ・ド・メディチにより装飾され、フランス革命の際はマダム・デュパンにより破壊を免れました。女性たちに守られ、紛争や戦火を逃れ続けたこのシャトーは、まさに安らぎの地と言うことができるでしょう。
当城では、絵画の巨匠の作品のコレクションを鑑賞することができます。ムリーリョ、ティントレット、ニコラ・プーサン、コレッジョ、ルーベンス、ル・プリマティス、ファン・ロー、等。それに加え、フランドル地方で織られた、16世紀の貴重なタペストリーも保存されています。洗練された佇まいの各部屋は、豪華な家具や調度品で整えられています。
世界中から訪れる見学者たちは、15言語用意されているパンフレットを利用しての自由見学、あるいは11言語用意されている iPad ビデオのオーディオガイドにより、当城の観光地としての質の高さを実感することができます。