• Français |
  • English |
  • Español |
  • Deutsch |
  • Italiano |
  • Português |
  • Russian |
  • Japanese |
  • chinese

庭園の歴史

自然と建築を見事に調和させた小道が、訪れる人々をシャトーに招きます。カトリーヌ・ド・メディチとディアーヌ・ド・ポワティエの庭園は、天と水面の間に創られた景観の素晴らしさを際立たせています。ベルナール・パリシーの考案による緑の庭園からイタリア式のラビリンスを通り、菜園の花々のハーモニーを眺め、シュノンソー城の美しさを堪能しましょう。シャトーでは、建設された当時から、庭園の手入れと装飾が続けられてきました。ラビリンスの造園と夜間の見学が加わったことで、16世紀の庭園を新たに楽めるようになりました。
庭園に入ってすぐ、 « Parc aux Ânes ».(ロバのパーク)では、野生の鴨と鳩を観察することができます。シャトーの堀の付近では、リスやヌートリアといった動物に出会うこともあります。見学者のペット(犬)は、シャトーの庭園にリードを着けて入ることができます。腕に抱えられる小型犬に限り、シャトー内に入城可です。